あまちゃん

0
    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ


    朝ドラをほとんどかかさず見てます。
    前期の「純と愛」も見てましたし、その前も。

    「純と愛」がああいうすっきりしない終わり方だったので、今の「あまちゃん」には本当に楽しませてもらってます。
    ツイッタ上で「#あまちゃん」タグを見るのも楽しみです。
    クドカン、良いですね!(小劇場のときはちょっと引き気味だけど)

    私は毎朝見てますが、旦那は出勤の関係で週末のまとめ放送を見るようにしてます。
    で、私にくどいほど、「しゃべるな。ネタばれするな」と言うので、私はお口にチャックで耐えてるのです。

    昨日、旦那が帰ってきて言いました。

    「オレ、君にあまちゃんのネタばれしないでって頼んでるじゃん?」

    うん、そうだね。私、ちゃんと耐えてるよ。

    「今日会社で休憩時間にヤフー開いたらさー、『ユイちゃん無事でよかったね』ってニュースが・・・(泣)」



    あー・・・。
    うん。
    残念だったね。

    山羊座 2013/3/18-3/24の空模様。

    0
      JUGEMテーマ:占い


      お久しぶりです、きなりです。生きてます(笑)

      最近子どもにつきあってキッズステーションとEテレばっか見てるんですが、「こまのがっこう」のスピンオフの、ルルロロちゃんアニメが私のツボです。
      なのでブログデザインも変えちゃうんだから!><b

      ピツ!敬礼!


      まぁこれまでのデザインも結構長かったし、ちょっとイメチェンです。


      ここからは毎度おなじみ占いの覚書です。
      他の星座はこちら

      山羊座 2013/3/18-3/24の空模様。

       時間をかけて議論してきたこと、
      あるいは、説得を続けてきたこと、
      逆に、耳を傾けて話を聞き続けてきたことについて、
      今週、すうっとそれらが「流れはじめ」ます。
      ずっと穴を掘って、そこに水を貯めてきて、
      ようやく、小川の堰を切って
      水が勢いよく流れ始める!みたいなイメージの時期です。


      「わかる」「わかりあえる」までには、
      そうした、一定の時間が必要なこともあります。
      ある水準に達するまでコミュニケーションの「量」が積み重ならないと、
      いっこうに思いや理解が流れ出さないのです。
      でも、それが一旦流れ出してしまえば、
      生き物の身体を流れる血流のように、
      それ全体が新しい命のように、
      環流し、流れを止めずに、活動し始めることになります。


      解けない問題に唸りながら取り組んでいたところ、
      ある瞬間にいきなり解ける!
      ということがあるわけですが
      今週はちょうど、そんな雰囲気に満ちているようです。

      -------------------------------------

      そうだと良いなぁという内容。
      きっとそうに違いない、と信じたい。
      そろそろ、流れて欲しいよ、サラサラと。
      春の小川な感じで!(笑)
      だって春だもの!

      花粉も猛攻よ!!(正直死にそうにしんどい_/Z(、ン、)_)

      あけましておめでとうございます

      0
        JUGEMテーマ:占い
        2013年賀状

        あけましておめでとうございます。
        全然更新のないブログですが、生きてます(笑)

        今年もゆるゆると、よろしくお願いいたします。


        これ以降は毎度おなじみ石井ゆかりさんの占いです。
        山羊座の今年。私のメモ代わりです。超長いですのでスルーでOKw

        他の星座を見たい方は → こちらへどうぞ


        絶対音感

        0
          JUGEMテーマ:音楽


          ダンナが子供に、とおもちゃのピアノを買ってきました。

          鍵盤数は少ないですが、ちゃんと和音も弾けます。おもちゃとは言え、さすがKAWAIです。
          しかしながら、対象年齢は3歳から(笑) 当然まともに扱えるわけもなく、バンバンと鍵盤叩いてるのはまぁ良いとして、鍵盤以外の部分にもお構いなしに殴る蹴るの暴行、エイヤっと持ち上げてはガターンと落っことす。挙句の果てには鍵盤に噛みつき、そのまま歯で持ちあげて、持ち上げきれずにまたガッターン!
          これはもう1ヵ月持たないだろうと、さっさと封印しました(苦笑)

          封印する前に、子供そっちのけで夫婦で遊んでたんですが、これが意外と楽しかった(笑)。

          私は小学生から高校2年までヤマハに通ってエレクトーンを習ってたので弾けますし、ダンナは小さい頃習わせてもらってすぐやめてますが、その後学生時代にバンドを組むにあたって、もっかい自分で覚えなおしたので、ある程度弾けます。

          ただし、しっかり10年以上先生に習った私の方が、もちろんしっかり基礎を叩きこまれてますので、ダンナとはレベルが違うのですよ(鼻たーかだか)
             ………いえもちろんガッチリ素人ですけども。(*ノェノ)キャー
          思いつくままに、童謡を弾いてたら、ダンナが目を丸くして

          「何で君はそんなに弾ける童謡のストックがあるんだ?」


          と言うので


          「だってメロディー知ってるか、知らなくてもその場で耳で聞いたら弾けるもん」


          ダンナ「???」


          絶対音感とはそういうものよ!( ̄^ ̄)フンッ(ドヤ顔)」



          あ、でも皆さん、誤解しないでね。絶対音感、あるにはあるけど、かろうじてメロディーを拾える程度で、いきなり伴奏つきでジャジャーンと弾けたりはしませんし、「耳に入る音すべてが自動的に音階になるので苦痛」と言うほどもありませんので(´Д`;)
          あと、絶対音感がある、と言うと良く誤解されるのが、手のひらパチンと打ち合わせて

          「これは?」

          というヤツ。

          あれはね、破裂音と言って、音階に置き換えられる類の音ではありません。
          それに、こっちが適当に嘘答えたって、それを見抜ける訳でもないんだから、そういう試すようなのは無駄です、ハイ。
          一時期、『絶対音感』が何だか知らないけどはやったことがあって、よくやられたのよね〜。
          決して特別な物じゃないんですよ。
          何年もきちんと音楽を教わっていたら、大抵の人は身に着けられるものです。
          有名な音楽家の中にも、絶対音感がなかった人もいっぱいいますから、必ずとは言えませんけども。
          そんな与太話でした。チャンチャン♪

          【山羊座】

          0

            毎度おなじみ、石井ゆかりさんの星占いです。

            【山羊座】 2012/10/29-11/4の空模様。

            愛が大きく成長したのを

            ここで、実感できるようなタイミングです。

            どういう形でかはわからないのですが

            愛や創造性が

            「実を結んだ!」

            という充実感を味わえそうな週なのです。


            貴方を真に喜ばせるような「結果」が出たり、

            ずっとやってみたいと思っていたことに手が届いたりするのかもしれません。

            あるいは、ストレートに「よくやった!」と誰かにほめられるようなことが

            ここから始まっていくのかもしれません。

            あるいは、愛する気持ちがその対象に伝わったり、

            手塩にかけて育ててきたものの確かな成長を実感できたりするような

            特徴的な出来事が起こるかもしれません。



            実感かー。実感って大事よねー。
            子どもの成長は毎日実感だらけで追いつかないぐらいなんだけど、それ以外の何かがあるのかなぁ?
            あったら面白いなぁ。

            ストレートに褒められるようなことが、「始まる」のか。
            うーん、なんだろう?(笑)←覚えがないので他人事のよう。
            まぁどう転んでも占いなので、ぼちぼち。





            以下は月間占い
            10月30日の満月占い

            着々と、何か大きなことに向かっていくための
            「準備」を進めているようなタイミングです……

            もう少し先に、ガツンと動かなければならない場面がくるのを
            今の貴方は何となく予感していて
            そのために、今できることを静かに、ひたむきに
            進めている最中なのではないかと思うのです。

            この時期は、小さな光を放つ
            とてもうれしいチャンスも舞い込んできそうです。
            誰かに対して嫉妬心が涌くこともあるかもしれませんが
            それは、貴方の実力が相手の実力に匹敵する可能性がある、
            ということを示しています。
            絶対に叶わない相手には、人は嫉妬などしないものです。
            憧れが妬みに変わったとき、
            それは、貴方が成長を遂げていて
            ここからさらに力を伸ばしていくことの証明なのかもしれません。

            スポットライト: 11/10
            ※スポットライト…きらっと光る、ちょっと目立つ日




            ガツンと動かなければならない…のね(´Д`;)
            めんどks…げふんげふん

            とはいえ
            「小さな光を放つとてもうれしいチャンス」ですか!!
            嫉妬ならしょっちゅういているけれども(ヲイ)、それが「相手に匹敵する可能性」とは夢にも思わなんだ。
            そうかー、そういう見方もあるのかー。
            でも私の場合、身の程知らずに「匹敵する」って思ってる可能性もアリアリ(^ ^ ;)

            11月10日、土曜日かー。何かあるかな?
            あったら面白いね(*^-^*)


            ここ最近の羅列

            0
               もう常にご無沙汰ですが、私は元気です。

              仕事もほとんど開店休業で、そんなに報告することもありませんのですよ(笑)
              まぁ仕事については、色々守秘義務やらプライバシーやらありますし、アンポンタンの嫉妬でよそに迷惑かけられたりもしたので用心がありますし、全部が全部、ここで報告できるわけではありませんけども。

              ご無沙汰してる間の事を、箇条書きな感じで残してみようと思います。
              と言っても絵とか漫画とか仕事の話はありませぬ。
              主婦話ばっかですw




              毎年恒例のグリーンカーテン(ゴーヤと朝顔)。今年は大失敗でした。
              いや、大失敗と言うか、天候のせいが半分というか。
              台風とか暴風雨で、夏になる前にがっすり苗をやられてしまって、ダメになっちゃったんですよ。
              一応育つは育ったけど、葉がほとんとしげらず、実はなっても食べられないほど小さくて。
              カーテンにも食材にもなりませんでした(つ∀T)
              お隣のおじいさんちも同じ状態で、聞いてみたら「連作障害かもねぇ」とのこと。
              連作障害って言うのは、大雑把に言うと「同じ土で立て続けに同じ作物を作ったら、栄養素が足りなくて育たない」、ってことです。

              あー、確かに(^ ^ ;)
              一応新しい土と養分は入れたんですけどね。足りなかったかな。



              庭の垣根に毛虫が大発生しました。
              垣根は、椿とギンモクセイとベニカナメモチです。
              (このチョイスは私ではなくて、リフォームして売り出してた不動産屋さんのもの。私は手入れがめんどくさいから自分でそんなの選ばない。いっそ木なぞ植えずに目隠しできる柵つけるわ)
              椿にはチャドクガ、ギンモクセイとベニカナメにはイラガがついてました。
              どっちも危ないですが、チャドクガは何しろ毒蛾です。
              最初業者に依頼したんですが、タイミングが合わず、結局自分で薬撒いて枝切り落として処分しました。
              近所の奥さんにアドバイスもらって、変質者もかくやという格好で作業いたしましたよ。ええ。
              だってチャドクガの毛がつくだけでもすごくかぶれるって言うし。
              おかげで一掃できました。
              スプレータイプの薬二本、使い切ったしね!



              断捨離を始めました。
              このブログでもたびたび触れておりますが、掃除片付け大嫌いな私。
              捨てることができない私。
              もう家の中パツパツなので、自分でもうんざりし始めまして、とうとう、重い腰をあげました。
              参考テキストは
              『悪運をリセット! 強運を呼び込む!! おそうじ風水』李家幽竹
               (amazonリンクは記事下を参照下さい)

              掃除しようにも、どこから手をつけていいのか分からない私のような人間には、「まずこれをしなさい」という指標が大変ありがたいのですよ。

              というわけでまず収納を整理中。
              いらない服を仕分けして、これに送ります
                 ↓ ↓ ↓
              古着deワクチン

              いらなくなった服を送ると、発展途上国の子どもたちのワクチンにしてもらえるという取り組みです。
              利用するためには1600円ぐらいかかります(申し込みに1000円、送料に630円)が、2000円以下でワクチン寄付できて服も処分できるならいっかなー、って。

              すでに仕分けも終わり、50着ぐらい、出せる物を用意しました。
              140サイズ(縦横高さの合計が140センチ以下)のダンボールに詰めましたが、パツパツですw
              重たくて自分では二階から下ろせず、ダンナに下ろしてもらいました。
              明日か明後日には引き取りに来てもらう予定。

              (ついでに、ダンナが例の伊達直人ブームで用意したっきりそのままになってた本や文房具も施設に送りました。)

              断捨離はまだまだ続きます。一気にやろうとすると嫌になるから、気長にやると決めたので。




              子供も伝い歩き始めて、いたずらし放題で、目が離せません。
              ハル
              そんなこんなの半年です。あぁ腰が痛い(´Д`;)


              評価:
              李家 幽竹
              日本実業出版社
              ¥ 1,260
              (2006-11-30)
              コメント:具体的で軽い内容が、お掃除嫌いの私でも取りかかりやすいです。


              10年ひと昔

              0
                JUGEMテーマ:部活

                 昨夜思いついて、後輩のブログを久々に開いたら、別の後輩も一緒に写った写真を上げていて、その別の後輩が、高校生の頃の見る影もなく膨らんでいたのに驚いてお茶を噴いたきなりです、こんにちは。

                いやー、びっくりしたwww


                ブログの持ち主の後輩は、別の学校の男子生徒でした。

                今何か甘酸っぱいものを想像したアナタ!違うから、全然…( ̄− ̄)トオイメ

                私は高校生の頃演劇部でした。
                衛生看護科という、異様に忙しく厳しい科に在籍していた私でしたが、ちゃんと部活やってたんです。
                他の科に比べたら、夏休みは10日程短かったし(授業があった)、土曜の午後も遊べなかった(授業があった)し。
                今思うと、睡眠時間もバリバリ削らないとレポートも終わらず単位も取れないような学科で、よくもまぁ放課後ほぼ毎日部活に通って、ちゃんと卒業もしたし、準看の試験も通ったし、………若いって体力あったな、の一言に尽きます。

                そんな私は、友人にくっつくようにして、東京の高等看護学校への進学を推薦枠でさっさと決めた(でも入試の成績はトップクラスだったのよ!科目が専門と国語だったから!)ので、3年生の11月にはもうフリーでした。
                同じような他の子が、卒業までの4か月間、車の免許を取りに行ったり旅行に行ったりする中、私は「そうだ演劇をやろう」、と思い立ちました。

                (卒業前に準看の試験もあったんだけどなw)

                今思うと、なんでまた?という選択だったのですが。
                ………ホントなんでだろうwww

                当時の部長で、今でも田舎に帰ると必ずご飯食べたりする友人に寄ると、「卒業公演をやろう!」と言いだしたのは私だそうです。

                さっぱり覚えてないけど( ^ρ ^)。

                で、自分たちの学校だけじゃつまんないから、他の学校にも声かけよう!と言いだしたのも私だそうです。

                これも記憶にないけど( ^ρ ^)

                県内のめぼしい学校あてに手紙で企画を送り、返信があった数校と、合同で卒業公演と銘打った芝居をやりました。
                もちろん顧問の先生には相談とかしたけど、なんだかんだで、基本的な事は自分たちだけでやったんですよ。
                地元TV局に電話かけて夕方の番組に宣伝で出してもらったり(そういうコーナーがあったのでダメ元で聞いてみたらOKだった)、劇場も自分らで電話かけて値段の交渉とか予約とかしたし、市内のバス停にある掲示板へのポスター掲示も、許可取って貼って回った。
                (女子高生が県庁の土木課なんか行く機会はそうそうないよな)
                チケットも手作りだったし、衣装や小道具なんかもみんなで持ち寄りました。

                田舎の高校生が、自分らだけでやったものだし、抜けもいっぱいあったし、もちろん、出来はそれなりです。お世辞にも傑作!というような結果ではなかったです。
                でも誰も怪我したり、法的な迷惑をかけることもなく、やり遂げられたし、何より楽しかった。

                一緒にやったメンバーとは卒業後もしばらく交流が続き、何年かは夏に集まってキャンプとかしてました。
                それぞれが進学などで散り散りになったので、いつの間にか途絶えましたが、特に仲の良い人同士は今でも連絡を取り合っています。

                最初に書いた、ブログの持ち主の別の高校の後輩、というのはそのメンバーの一人です。
                今でも東京で舞台役者を頑張っています。

                当時のメンバー数人と久しぶりに会った、という記事で、その写真の中には、私に引きずられて苦労した(であろう)部長も写っていましたので思わずメールしてみました。
                一緒に写ってる後輩がえらいこと太ってたね、とかあんたの名前の漢字間違われてるね、とかそういう話をしてたら、そういえば、と出てきた話。

                私たちが良く分からない勢いでやった卒業公演を見ていた、他校の先生が、同じようなノリを期待して、高文連(正式名称は全国高等学校文化連盟。インターハイの文化版みたいなもんです)の演劇祭の前のイベントとして企画したそうです。

                でも結局、私たちの学校の後輩(卒業公演にはノータッチw)に「君たちならもっとやってくれると思ったんだが」と謎の言葉を残してあっさり頓挫

                いやー、ノータッチだった彼らに私たちの行動力やノウハウを期待するのは、正直気の毒ですよ(←偉そう)、と思いつつ、私たちのやったことがきっかけで、そんな期待をしてくれた人がいた、というのは、20年経って初めて知ったことでした。

                ちょっと感動して、かなり嬉しかった


                あの、つたない、穴だらけの、私たちが楽しんだだけだと思っていた祭りが、他の人に
                「同じことをしたい」と思われたんだと知って。

                私にとって学生時代と言うのは暗黒時代(那州雪絵言う所のダークエイジ)で、苦しくて辛くてもがいてばかりで、あの日に戻りたいなんて絶対思えないんだけど、それでも愛おしいものは確かにあったんだな、って、思えた。
                色々傲慢で不遜で礼儀とかすっ飛ばしてた若いころの私、反省することばかりだと思ってたけど、悪いことばかりでもなかったんだなぁって初めて思った。


                なんか、思いがけず、しみじみとした夜でした。

                | 1/54PAGES | >>

                calendar

                S M T W T F S
                    123
                45678910
                11121314151617
                18192021222324
                252627282930 
                << September 2016 >>

                猫クリック!

                recent comment

                recent trackback

                recommend

                ノベルゲームのシナリオ作成奥義
                ノベルゲームのシナリオ作成奥義 (JUGEMレビュー »)
                無頼寿 あさむ
                --------
                必要にかられて(笑)シナリオを書き始めた無頼寿さんの、実践的かつ現実的な技法書。シナリオだけでなくマンガ書きにも有効!

                recommend

                B型男子
                B型男子 (JUGEMレビュー »)
                たかぎりょうこ,秋唄サヤ,後藤ユタカ,西川かおり,いずみやみその,絹ひかる,怪聞堂,ぷにた,アキヲ,長月まお,きなりみや
                --------
                B型男子との恋愛マンガアンソロジー。血液型ブームの中心的役割(?)のB型を面白いマンガでご紹介!

                profile

                search this site.

                mobile

                qrcode

                powered

                無料ブログ作成サービス JUGEM